俯瞰(フカン)すれば、行ったこと無い場所に行ける件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

どうも。ローカル実業家の北川哲平です。 俯瞰(ふかん)とは、 全体を上から見ることで、高い所から見下ろすという意味です。 中学校のとき野球をやっていたんですが、 野球が上手い人って身体能力が高いだけじゃだめなんですよね。 どんなに速い球が投げれるピッチャーでも、 同じスピードの球ばかり投げていては、 バッターも目が慣れてしまうんで、打たれやすくなってしまいます。 なので、緩急をつけるみたいな言い方をしますが、 早い球だけでなく遅い球を投げてみたりします。 早い遅いだけでなく、高めや低め、外側や内側、直球だけでなく変化球も混ぜながら バッターを揺さぶっていきます。 過去にどの球を投げたから次どの球を投げれば打たれにくいか、 最後は、あの球で締めたいから、その球に効果を出させるためにも次はこれでいっとくか。というように、 時間を俯瞰しながら、通常は、キャッチャーがサインを出してピッチャーに投げてもらうことで、ゲームをつくっていきます。 ツーアウトランナーなしで、 次のバッターは、あまり打たないバッターだから、 今のこのバッターとは積極的に勝負しないでおこう。など 場所を俯瞰する力も要求されます。 他にも、 いかにも打ちたいという感情を全面に出しているバッターに対しては、 あえてボール球を投げて空振りさせるとか、 感情も俯瞰すべきです。 野球中継の醍醐味って、力強さやスピードよりも、 この俯瞰の攻防を見る様が面白かったりします。 がっつり野球を例に挙げましたが、ビジネスでも同様です。 物事には順序があるので、時系列を意識したり、 期限を意識して仕事をする際は、時間を俯瞰するという発想が必要でしょうし、 自分がやりたいことをやれば良い訳じゃなしに、状況に応じて今自分が何をすべきか。 ひとつの業務を完結するのに、何も自分が作業する必要がなかったりするなど、 物理的な空間、場所を俯瞰するということも必要です。 また、 人を指導するときは、 怒るのではなく、叱れとよく言われますし、ごもっともですが、 人間には、感情が優先されてしまうこともあるよな。という感情を俯瞰することでより冷静に行動できたりします。 突然ですが、 みなさんが、姫路にある北川の会社に来ることになったとして下さい。 知らない場所に行くときに、地図なりカーナビを見たりしますよね。 遥か上空から見下ろして、 まさに俯瞰して判断すると、行ったことのない目的地ですら視野に入りますよね。 成功されている方は、いつも客観的、俯瞰的に物事を捉えられています。 ということで、 成功者の思考パターンのひとつとして、 「俯瞰思考」を紹介させて頂きました。 参考にして頂ける方は、参考にしてみて下さい。