変人になるまで安心できない件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

どうも。ローカル実業家の北川哲平です。 安定か、成長か。 どちらかを目指しますか? 北川は、会計事務所で8年ほど会計事務所職員として勤務した経験があるんですが、 そのときの経験からすると、経営者の方でも安定志向の方が多かった気がします。 できるものなら現状維持で、成長よりも安定。 ボチボチできればいいなと考えておられるのかなという感じです。 北川が経営コンサルで入らせて頂いているお客様には、 意図して現状維持の安定志向でない方しかお客様にしていないのですが、 それには理由があります。 それは、 昔のように、変化が小さい時代であれば、 一定の収入や仕事が確保できていれば、よっぽどのことがない限り安定した生活を送ることができますし、 同じような日々が退屈でなければ、特に問題がなかったのですが、 これからのように、 技術革新やグローバル化、法律や規制すら、どんどん変わっていく、変化が大きい時代であれば、 安定を目指そうとする人は、 自分の業界に誰か進出してきたらどうしよう、法律が変わったらどうしよう、 変化への恐怖が常に付きまといます。 日本の人口の減少よりも早く、労働力人口はすごい勢いで減少してますし、 今や肉体労働だけでなく、知的労働も、仕事自体が、どんどん日本から国外に出ていってます。 同じ仕事を延々とやっていては、いつ手元から取り上げられるかわかりません。 パソコンやスマホ、LINEやFacebookなどのSNS、クラウドなど情報通信関連中心に技術革新が目まぐるしいですが、 昔は、パソコンができなくても良かった時代があったかもしれませんが、 時間が経過し、時代が変化して、 変化に対応しない会社は、一見変化がなく、現状維持をしているように感じますが、 変化に対応している会社と比較したときの相対的競争力が低下していることがわかります。 要は、安定志向は長期的に見ると負けが確定しています。 自分が望む望まないに関わらず、どんどん変化する時代です。 変化を好む、「変人」になりましょうw 成功者の思考パターンのひとつである 「変人思考」を紹介しました。 各分野で成果を上げられている方って変わった方が多いですよね。 参考にして頂ける方は、参考にしてみて下さい。