昨日で人生が終わった件 代表北川哲平の諸々

 

こんにちわ。ローカル実業家の北川哲平です。 昨日で人生が終わりました。 と言いますのが、 昨日、初詣のため、 神社へお参りに行ったのですが、 お参りの意味(あり方)と作法(やり方)をご存知でしょうか。 やり方としては、 ・神社に入るときは鳥居から、鳥居をくぐる時は一礼してから。 ・参道は真ん中を歩かない。 などなど、 「お参りの作法」などでGoogle検索して頂ければいろいろ出てきます。 やり方さえ知っていれば、 お参りをすることはできます。 ですが、 あり方を理解していれば、 お参りをする、その時間の意味が変わります。 神社に行ったら必ず「鳥居」がありますよね。 鳥居の色は、石製であれば石の色ですが、 木製であれば、ほとんど紅、あかいです。 その紅い色は、卵子を象徴し、女性を表しているようです。 ちなみに、白い色は精子を象徴し、男性を表します。 日本の国旗も「丸い紅(女性)」を「四角い白地(男性)」が守るという意味があるようです。 鳥居の紅色は、女性を表し、 鳥居自体は女性の陰門(赤ちゃんが出てくるところ)を表しています。 その他にも、 参道は、産道。 本殿は、子宮になぞらえられてます。 この世で生を受けた自分を、 今一度見つめ直すため、 鳥居に入り、 参道を通り、 本殿で感謝の祈りと誓い事(願い事ではありません)を宣誓。 改めて参道を通り、 鳥居をくぐる。 なので、 「お参り」は、生まれ変わる気持ちでやるべきだ、 ということです。 北川の人生は、 昨日でいったん終わりました。 昨日を大事な節目として、 心底、 生まれ変わった気持ちで今日から頑張りたいです。 自分と関わって頂ける皆さま、 どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。 1555490_704459632920816_2108439970_n