他県のおしいは見逃しても、広島県のおしいは見逃さない件 代表北川哲平の諸々

 

おはようございます。北川哲平です。 年末年始は、実家のある広島に帰省しているのですが、 その広島県では、 「おしい!広島県」 という観光プロモーションが実施されているのは、 ご存知でしょうか。 ご存じなくても、 それはそれでおしい!ので大丈夫なのですが、 県外に出て生活をしているからこそ分かりますが、 広島は、何かとおしいです。 ● お好み焼き屋の店舗数は日本一なのに、全国的に広島のお好み焼きは『広島風』と付いてしまう。……おしい! (地元では通常、『広島風』とは言いませんw) ● 万年Bクラスの広島カープは、いつもおしい! (今年はAクラス入りでも優勝できなくて、おしい!) ● 全国版の週間天気予報で、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と並んで表示されているときと、されていないときがある。……おしい! などなど。 中四国では一番の都市なのですが、 全国的にはおしい!感じです。 自慢になりませんが、 北川自身、高校卒業まで、修学旅行以外では、 広島県どころか、広島市を出たことがありませんでした。 広島市も一応100万都市で、 市街地もそれなりに広く、三越やパルコなど全国的な主要都市にある施設は一巡ありますし、 生活に不自由はありません。 何より、 広島市級の都市は、中四国地方には存在しないので、 広島市を出る必要がなかったからだと思います。 (関西に出たときの一番のカルチャーショックは、日常的に電車で、市や県を超えて移動してしまうことでした(^^ゞ) その頃の自分としては、 広島が№1だったため、「おしい!広島県」と言われても、 かなり抵抗があったかもしれません。 実際に、このキャッチフレーズが決まった際には、 広島県内で反対運動があったみたいです(*^_^*) でも、 おしいは、おいしいの一歩手前。 本来はマイナスと捉えられるものでも、プラスに変える発想を持つ。 現状を肯定して、過去をすべて善しと考える。 現状に満足せず、 次のステップに進もうとしているのかと思うと、 勝手にですが、何か嬉しいです。 広島出身であることに感謝しながら、 飲み会もほどほどに、 ゆく年の総括と、くる年の目標を、 ゆっくり思考を巡らせてみます。 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい<(_ _)> 1487299_700455876654525_1442771276_n