明るい未来が待っている件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

明るいおはようございます。職人型 コンサルタントの北川哲平です。 街中に、こんなアイキャッチがあったら、気になりません? 1378184_489364301159575_1852847721_n 姫路の歓楽街、通称「魚町(うおまち)」の一角にあるお店のアイキャッチなのですが、 まだ行ったことないとこなんで、いつか行ってみて、またご報告致しますw この前振りもある意味そうなのですが、 「未来を予告」することで、関係性を継続できる可能性が上がります。 (もちろん興味のない方には全く効果はありませんw) 小売店の商売をされている方でも、 「来月には、○○の新作が出るんで、チェックして下さいね」 これが、お客様にとって興味がある予告だとすると、 予告自体に価値を感じて頂けますし、次回の来店も促すことができます。 小売店に限らず、すべての業種において、 お客様にとって、 あなたと取引を継続することでプラスになるイメージをもって頂ければ、安定してリピートをして頂けるはずです。 大事なのは、お客様にとって価値のある予告ができるかどうか。 価値のある予告が出来得る事業ができているかどうかです。 リピート客がない限り、商売がいつか終わる訳ですし、お客様に明るい未来をイメージして頂く、これ結構重要です。