For someone

今日はとくに会社経営をされている方向けの話。 お金のことを意識しなくて良い仕組が完成した件

当然のことながら、通帳を見ていても、お金は増えませんし、
対売上前年比や、売上目標を眺めたところで、売上は増えません。

金策で銀行を回ったり、貯蓄用に預金口座を分けてしまうとか、
お金のために時間を使ってもお金は増えないので、お金に関わる時間を最小限にし、いかにお金に振り回されないかって大事です。

ましてや、
代金の支払いをしてくれないお客様に対して、
支払いの催促をする時間なんかは、あればあるほどお客様との関係を冷やし、代金の回収ができたところでお金がなくなっていきます。

お金より時間。
時間の使い方を変えないと状況は変わらないのに、
お金って無くなれば無くなるほど意識してしまうもんです。
意識すればするほど、お金のために時間を使う。

このサイクルと無縁になるためには、
自分が何をやりたくて、何ができて、何をやるべきか。
心を大事にした時間の使い方を考えることで、
質の高い時間が生まれ、結果としてお金は後からついてくる。

なので北川は、
極限までお金を意識しない経営を実践してますが、
今の時代では、おそらく完成系ではないかという『決済方法』を構築することができました(^^)

昨日から、当社(Reクリエイト株式会社)では、
『NP掛け払い』という決済方法を導入してます。

導入時の与信審査が、
クレジットカード加盟店の審査とは比じゃないほど厳しかったので、どうなるかなと思ってましたが、なかなかの好条件で導入できました(^O^)

NP掛け払いは、
企業対企業間の取引で、
1か月分の取引を月末で締めて翌月払ってもらうというような『掛け取引(ツケ払い)』というのは、一般的な慣習としてありますが、
この掛け取引の『掛け(ツケ)』を月30万円まで(取引先の与信枠次第で、300万円まで)をネットプロテクションズという会社がすべて保証してくれるというサービスです。

これって画期的で、
今の当社のレザー事業やWEB事業のように、
面識が無い取引先とジャンジャン取引をしている会社であれば、
掛け取引といった『後払い』の取引をすることで、本来なら貸し倒れのリスクが生じてしまうものの、その『貸し倒れリスクがゼロ』になります。

NP掛け払いなんか導入しなくても、
先払い、前金をもらえば貸し倒れのリスクはそもそもありませんが、お客様がそれを望まない限り、納品していない状態で請求をするという行為は、客は損しても自分は損をしないという姿勢を見せ、お客様側だけにリスクを背負わせることになり、その取引自体敬遠されかねません。

貸し倒れ、お金のことなんか一切気にせずに、
良い商品、サービスを提供するために没頭できる素晴らしいサービスだと思います。

昨日からレザー事業のほうで導入した途端に、
1件で500万円ほどの問合せを頂いたり、晩には公な依頼につながりそうな注文を頂いてたり、幸先が良いです。
通販なのに、掛け取引ができたり、決済方法が多いというのは、利便性だけでなく、安心感にも繋がっているのかなと感じます。

当社で導入してる決済方法は、
種類は多いですが、事業ごとに使い分けてます。

お金のことを意識せず、本業に集中するために、
この決済の仕組化は非常に大事です。

当社で導入している決済手段を紹介します。
参考にして頂ける方は、どうぞです。

▼Stripe
【VISA、MASTER、AMEX 】
グローバルなセキュリティ規格「RCI DSS」にも準拠していて、安全性が非常に高いです。130以上の通貨で決済ができて、海外からの支払いも可能。なのに固定費無料。
通販サイトのクレジット決済に利用。

▼Paypal
【VISA、MASTER、AMEX+JCB、Discover、銀聯UnionPay】
通販サイトでJCBを使いたい方や、
メールで決済ページを案内できるので、通販以外のクレジット決済に利用してたり、自動引落もできるので、WEB事業のドメインサーバー料金の定期引落にも利用してます。

▼楽天ペイ、SQUARE
これもクレジット決済ですが、カードリーダーライター型で持ち歩けてレシートもメールで飛ばせたり、その気になれば紙出力も可能です。対面コンサルや、今後レザーで催事に出店する際も活躍しそうです。

▼現金決済、銀行振込
一般的な取引かもしれませんが、当社では全取引額の1%未満です。

▼NP後払い
商品配送時に請求書別送→銀行振込+コンビニ・郵便局・銀行窓口で現金払いが可能です。
先に紹介したNP掛け払いは、対企業向けですが、こちらは個人、法人を問いません。
一取引あたり54,000円までと金額制限はありますが、請求書発行の時点で債権がネットプロテクションズさんに移っているので、納品後の代金回収について意識、管理する必要がありません。

▼NP掛け払い
月末締めで請求書発行→銀行振込+コンビニ・銀行窓口で現金払い
法人/個人事業主を対象とした掛け払いサービスで、
月額最大30万円(与信枠次第で+α、~300万円)までお取引可能。
請求書発行の時点で、債権はネットプロテクションズさんに移ってて、管理の手間や、代金回収に気を煩わせることと無縁になります。

▼MISOCA
実はこのサービスも非常に画期的なんですが、
固定費がゼロ円で、自動引落が導入できます。
当社では、今年からコンサル事業の自動引落は全件MISOCAに切り替えました。NP後払いやNP掛け払いの上限を超えた取引の場合にも活用していきます。
このMISOCAのシステムで発行した請求書は、
請求書単位で債権保証を付けることができるので、こちらも支払遅延が生じた場合でも、貸し倒れリスクがゼロにできます。
こちらは、遅延が生じるまでの債権は当社側にあるので、通常の掛け払いに近い感覚です。

以上な感じで、
種類は多いですが、会社経営をしている方であれば、
この組み合わせの良さをご理解頂けるかと思います。

北川が理想としていた決済の仕組みが完成したので、
これからは一層、好きなことに集中できそうです。

今月からレザー製造チームに、これまでレンタルで使用していたUVプリンターと、レーザー加工機も自社導入されて、一気に業務効率が上がりそうですし、
先月末時点で楽天のブログランキングは上位1%に入ってきましたし、今後が楽しみで仕方ないです。

お金より時間、時間より心。

心を満たせるサービスを面白い規模で展開したいなと思います。
いつも感謝です<(_ _)>

1

2

3

4

心があるなら、あとは仕組次第で上手くいく気分。