カタールで皇室から頂いた賜り物を開封する件 代表北川哲平の諸々

 

勤労奉仕のため皇居と赤坂御用地でお勤めをさせて頂きました、あの北川哲平です。 自身2度目の勤労奉仕、前回にも増して素晴らしい経験をさせて頂きました。 初回は皇居の中を見てみたいな程度のミーハー的な感じで参加でした。 まさか天皇陛下、皇后陛下とお会いできるとも知りませんでしたが、 芸能人とかそういう次元では語れないオーラと品格に充ちておられて、正面に立たれた際には後ろに仰け反ってしまうほどでした。 こんな方が日本の象徴として即位されているんだなと感動しきりだったのを覚えてます。 2回目となった今回、 それどころか日本人に生まれて良かったと深く感じてしまう1週間になりました。 今回も天皇皇后両陛下にご会釈賜る機会を頂けたのですが、 前回に増しての長時間、勤労奉仕の面々に対して、本当に心温まるお言葉の数々を頂きました。 一つ一つのやり取りを拝見して、 本当に心から国民一人一人のことを思ってらっしゃるんだなと分かりますし、 このたびに関しては退位の時期も決まり、 国民一人一人とまるで最後のお別れをしているかのようにも感じました。 談笑も交えながら、話の最後には、 天皇陛下から「 お元気で。」 皇后陛下から「 ありがとう。」 これ、言葉では表せない感情で魂が震える思いにさせて頂きました。 北川は天皇制がどうとか、あまり詳しくは分かってないですし、先にも書いたように当初は物珍しさのミーハーな感じで参加した者ですが、 お会いしたら分かります。 天皇陛下は日本の象徴であると。 日本人がどうあるべきか、 日本人が手本にすべき日本人像って天皇陛下そのものなんですよ。きっと。 そんな当たり前のことを学ばせて頂く機会を頂きました。 . そんな余韻に浸りつつ、 北川はカタールのドーハに来ております。 中東経済の中枢の一つではあるものの、 ここでは両替所で日本円の表示も無く、まだまだ日本人には馴染みの無い国なんだと思います。 今日は特に感じます。 日本のこだわり、日本の心を世界へ。 北川が帯びている役割が強くなっていく気がしてます。ただ気のせいかも知れませんw 余談ですが、 先程お会いした中国人の方から言われました。 「日本のパスポートってサクラが印字されてるから良いよね。いつか私も日本に行ってみたい」 北川は知りませんでした(^^ゞ 投稿の写真に添付もしましたが、確かに桜がパスポートの全ページに印字されてます☆彡 毎年満開の桜を見ても、 日本に生まれて良かったなと感じます。 どうせ儚く散っていく人生なら、 誰かの役に立って儚く散っていきたいもんです。 何の話か分かりませんが、 日本って本当に素晴らしくて、素晴らしくて、 その日本の良さを広めていくので、よろしくお願いします。ってことで締めさせて頂きます。 ありがとう。 カタールにいる気分。