ランダムな人付き合いをしない件 経営コンサル(究極の逆算®)

 


どうも。ローカル実業家の北川哲平です。

年月を重ねるたびに、つくづく感じますが、
人付き合いって限界がありませんか?
ランダムな人付き合いをしていると、どんだけ時間があっても足りません。

北川の感覚的な話になってしまうのですが、
一定以上の関係性を構築し、維持できるのは300人で限界だと感じます。

会えば挨拶をするとか、話をするしないの程度であれば、もっと増えると思いますが、
お互いのことをよく知る状態で関係性を維持するというのは、
300人が限界と感じます。

だからこそ、北川は人付き合いをする上でも効率を求めます。
もちろん人生の中で無駄な出会いは無いですし、
家族や学生時代の友人や、その他の場合でも、ご縁というものは大事にしたいです。
その上で、
人付き合いに効率を求めます。

自分の価値観において、良い刺激を頂ける方と積極的に会うようにしてますし、
どこかの団体やコミュニティに所属するとしても、
定期的に時間を共有するわけですから、
よっぽど目的意識の高い団体にしか属さないようにしています。
量よりも質を優先しています。

人付き合いに効率を求める理由としては、
経営者としてビジネスをしている以上は、成果にこだわりたいからです。
人の役に立たないとビジネスでは成果が上がりませんし、
より多く、より大きく、人の役に立てるような人生を送りたいという価値観があります。

成果を上げる環境をつくるために、一番大事なことは、
「成果を上げる人と一緒にいる時間を増やす」
ことだと考えます。

成果を上げる人、成功する人は、
前向きで、行動力があって、考え方、価値観、信念などにおいて、
いろんな気付き、良い刺激を頂けます。

裏返しで、もうひとつ大事なことは、
「成果の上がらない人と一緒にいる時間を減らす」
こともすごく重要だと考えます。

人の悪口や愚痴、いろんなことを人のせいにして、
自分が改善しようとしない人と一緒にいてもブルーになります。

北川自身、自分が弱い人間で、
環境に流される人間だと認識をしているので、
より良い方向に導いて頂ける人付き合いをするように心がけています。

要は、
『何をするかよりも、誰といるかが大事』
という価値基準です。

今後も文字や動画でも、経営ノウハウを提供していこうと考えているのですが、
参考にして頂けるものがあれば、
そのときは価値があるかもしれませんが、取り込んで頂いた後、そのノウハウに価値はありません。

何をするかではなく、
誰といるかが大事。

そのへんを踏まえて頂いた上で、
あなたにとって北川が人付き合いをしたいと思って頂ける人間になれるよう、
精進して参る所存です。

お付き合い頂ける方、おられましたら、
どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>