伊豆大島の土砂崩れは自分のせいです。の件 代表北川哲平の諸々

 

おはようございます。職人型コンサルタントの北川哲平です。 まずは、 この度の伊豆大島の土砂災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 連日ニュース等で報道されていますが、 伊豆大島で大規模な土砂災害が発生したのはご存じだと思います。 気象庁の職員への連絡が遅かったとか、 町長が警報を出さなかったとか、 揚げ足とりをしている報道が目立ちますが、 あの土砂災害が発生してしまったのは、北川のせいでもあります。 本当に申し訳ございません。   姫路に住んでいる一コンサルにすぎない自分に何の関係があるのかと思われるかもしれませんが、 連日のニュースを見る度に、心を痛めております。 言ってしまえば、現在の自分の力ではどうすることもできないのですが、 どうすることもできない状態にあるのは、自分のせいだと思っています。 自分の現状や、身の回りの環境を人のせいにしては、 改善するための思考が働きません。 自分の現状に不満があれば、自分に責任がある。 自分の身の回りで起こっていることも、自分に責任がある。 日本で起こっていること、世界で起こっていることも、自分に責任がある。 関係がないと思っていれば、何も考えません。 責任の範囲を広げていくことで、 自分にも、どうにかできないかと思いを巡らせます。 『いつも誰かのせいじゃなくて、誰かのおかげ』 湘南乃風の歌「いつも誰かのせいにしてばかりだった俺」の中に、こんな歌詞がありまして、 北川自身、考え方を変えるきっかけになりました。 Ls 地球儀