『バンズなう。』とツイートする件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

おはようございます。職人型コンサルタントの北川哲平です。 最近ニュースで、 バンズの上で寝てみたり、 ソーセージをくわえてみたり、 プレーンのピザ生地を顔に張り付けてみたり、 アルバイト店員によるツイッターやFacebook等のSNSへの不適切投稿が話題になってますよね。 BNicAvmCYAIhTIis(編集済分) ノリでやってるんでしょうけど、お店の信用を落とすような行為をSNSに投稿するとか異次元の論外ですが、 言わないと分からない猛者どもに、言って聞かすための社員研修が東京と大阪でスタートするようです。 (ホスピタリティ&グローイング・ジャパンという会社が、法律やITの専門家ら複数の講師が担当し、3時間程度の1回完結でがっつりの研修みたいです。) SNSに投稿したケースは問題になってますが、 SNSに投稿してなくてもお店の中で論外な行為をしているパート、アルバイトスタッフが山のようにいるんだろうなと、容易に想像できます。 「そんなこと言わなくても分かるだろ」というのは、 若い世代に限らず、通用しません。 価値観が多様化している今の時代の常識です。 一方で、 会社によっては、宣伝効果を狙って、 スタッフに積極的にFacebook等のSNSへの投稿を促す会社も少なくありません。 ニュース級の投稿でなくても、 これアップしてたら、マズいんじゃないですか?と言ってあげたい投稿もよく拝見します。 どこまでの情報が投稿OKで、どこまでの情報がNGなのか、 これって会社で決めとかないとヤバいです。 当たり前は人によって違います。