経費削減が必要な時って、たまにしか無い件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

おはようございます。職人型コンサルタントの北川哲平です。 会社設立してから、最初の売上が上がるまでって、それなりに経費がかかるもんですよね。 起業する方は全員、経費(投資)がないと収益が上がらないことを知っています。 すべての経費は、 ①収益を上げる ②収益がある状態を維持する ③別の経費を削減する という目的のために支出されています。 この3つの目的から外れてしまっている支出であれば、はっきり言って無駄なので、経費削減という行動をとってもらう必要があります。 これを勘違いして、経費削減の名のもとに、経費と一緒に3つの目的を達成して成果を上げている経費を削る会社が少なくありません。 経費の支出を決めた段階では、目的を持たないものはなかったはずです。 経費を削減する前に、支出を決めるきっかけとなった目的を思い出してみるといいかもです。 ちなみに、 ある会社にとって経費になるものは、自分の会社にとっては売上になりうるものです。 (対事業所相手にビジネスをされている方の話です。対個人は別の話があります。) あなたの会社が3つの目的のうち、どの目的にアプローチしているかで、収益性や継続性が決まります。 このへんの話については、メルマガで詳しく解説しますんで、興味のある方はぜひメルマガを読んでみて下さい。   [経費削減=まじで無駄なものの排除]