For someone

男、北川。職人と職人をつなぐ件

昨日、姫路レザー事業の初陣に挑んできた北川です。

初陣にしては、大満足な成果と手応えを感じる一日になりました。

ご挨拶させて頂いた方々と、
理念や情熱、自分たちが目指すストーリーを共感頂くことができ、
取引頂けるというご意思だけでなく、
事業自体をぜひ協力させて頂きたい。とまで言って頂き、
今後の当事業への手応えを感じているところです。

これからお伝えすることは、実話です。

現在、皮革業の多くの企業が、大手商社にボコボコにやられています。

姫路は全国どころか世界屈指の皮革素材の生産地で、
地場産業として数百もの工場が存在します。

歴史的背景もあるのですが、
皮革業者の大半は、大手商社がメインの得意先で、
大手商社しか売り上げが無いというところも多く存在します。

商社に革を販売しても入金サイトは、4か月。
長い所では6か月。

資金繰りが厳しいからすぐに入金してほしいと依頼すれば、
「歩引き」という他の業界では聞いたことない慣習があって、
取引代金の数パーセントを手数料として、引いて入金してきます。

そんなのまだ序の口で、
納品した商品が意味のわからない理由で返品され放題で、
半年前に納品した革に文句を付けられて返ってきたり、
ひどい時は靴などに加工された製品が返ってきます。
靴に加工するための加工代まで上乗せされて、請求が来て、姫路の業者が負担します。

歩引きや理不尽な返品。
下請け法を知らない訳ではないのに、
なんでそんなものまで負担するのか。
断ると大手商社が抱える売上すべてを失うから。

商社の担当者個人が悪いとは思いませんが、
現状の仕組みが悪いです。

皮革の知識もさほど無い大手商社の担当者を挟むと、
受注内容がブランドメーカーの意図に沿うものかも微妙で、
事業的優位性を盾に、ろくな検品もせずに、
OEM会社など、革素材を加工する工場に送り、
ブランドメーカーに渡る際に、トラブって、そのツケを姫路の業者がかぶるという訳のわからない構図です。

もちろんすべての業者に当てはまる訳ではありませんが、
まだまだ多く見られる状況です。

おかげで、ここ数年、
姫路の皮革業者自体が続々と倒産しています。

ただ個別の企業単位で、皮革業者自体が目立った動きをしようものなら、
既存の取引にどんな影響が出るかわかりません。

だからこそ皮革業者ではない北川や、
バリバリのアパレル業の金谷 亮佑氏とともに、
多くの皮革業者のバックアップを得て、
大手商社を介さない、姫路初の商社を立ち上げた次第です。

理念は『職人と職人を繋ぐ』

皮革の素材、材料をつくる人と、
靴や鞄、財布や家具など製品をつくる人。

職人と職人がダイレクトに繋がれる仕組みができれば、

納品後の検品は到着後7日以内。

これって当たり前になりますよねw

大手商社がかまないので安価で、
多くの製造工場のバックアップがあるため、
取扱革種、色・厚さ・型押し・特殊加工、対応可能パターンは日本一。

こんなホームページです。
https://leather-himejihonjin.com/

姫路発で姫路初の商社にご声援頂けると幸いです。

「靴や鞄、財布、小物、家具、衣料品などで、
オリジナルブランドのメーカーの方など、
『革素材の仕入れがある業者』
またはその方と繋がれる方」
をご存じの方がおられましたら、お声掛け頂けますと幸いです。
どんな些細な情報でも構いませんので、
なにとぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>

こだわりを尖らせて突き抜ける。
職人気質な方が活躍できる世界を目指して、
自分自身も経営の職人になる所存です。

いつも感謝です。それでは、どうもです。

1170709_949533535142647_5772400202717365968_n

12832502_949533618475972_6539595239909246514_n

1917324_949533581809309_2170574255274982521_n

12274480_949533708475963_6034671306011063076_n

12115824_949533658475968_4084388740481686753_n

10400055_949533801809287_1215609697732841103_n

10400763_949533758475958_3583958328736927874_n

1988_949535231809144_8651609377519847424_n

10325630_949535265142474_5505830220539275539_n
姫路発で姫路初の気分