ホリエモンのぶんでも、職人の粋を日本全国と世界に配信する件 代表北川哲平の諸々

 

どうもです。 堀江貴文氏が発起人を務めるTERIYAKIという、 食に精通した著名人が認めた全国各地の本当にうまい店のみを厳選して掲載してるグルメアプリというのがありまして、 そこの認定アンバサダーに選ばれた北川哲平です。 TERIYAKI(テリヤキ)といっても、 照り焼き料理の店を紹介するわけではありません。 日本の食文化の象徴として、TERIYAKIとネーミングされてる感じで、 世界に誇る日本の食文化を日本全国や世界に配信するために活動されてます。 TERIYAKI認定アンバサダーに選ばれたことが、 レアなことなのか、どうなのかわかりませんが、 もともと食に関して人並みを超えて興味関心があったこともあり、 食事のついでに『職人の粋』を発信することができ、 それもFacebookやブログだけに限らず、もっと強力な発信源を持つことができて嬉しく思ってます。 (下記のサイトに、北川の名前も掲載されてます ^^) _旦~~) https://teriyaki.me/ambassador
それと食がらみではありますが、 北川がやってるLifespan経営塾でプロデュースしてる『肉を使わないカップラーメン』。 こちらも病気や体質、宗教などの事情で、 お肉が食べられない方でも食べられる食事をと、 世界に向けて発信していくラーメンをリアルに開発してるところですが、 そちらの開発会議もどんどん進んでいってます。 (これまでの会議を動画でまとめてます。よければの感じです。) https://lifespan1980.com/tenma.html
肉を使わないというカップラーメンをつくる中で、 チャーシューすら、大豆などの植物性たんぱく質でつくってしまえるよう商品開発に着手してる段階までいってまして、 最近、菜食主義者であるマクロビの方や、 肉どころか魚も含めた動物系を一切食されないビーガンと言われる方と出会う機会が増えてきました。 先日も、 岩田 由彦さんという方と一緒に、 ビーガン料理の専門店に行ってきたところです。 岩田さんは、 数年前に不摂生な生活から体調がえげつなく酷いことになってしまい、 動物系の食べ物が食べれなくなったみたいで、それ以来ビーガンとして食生活を送られてるみたいです。 岩田さんから紹介されたアインソフジャーニーというお店に行きましたが、 お肉が入っていなかったら味気ないかなと思いきや、 キノコや大豆、スパイスなどであれこれ工夫されてて意外なほど満足感がある料理になってました(^O^) 野菜もお肉も美味しく頂ける北川にとっては、 外食するにも何ら不自由は無いんですが、 菜食主義者の方々にとっては、 外食どころかスーパーの食材すら、なかなか消費できるものが少なくて困っているようです。
これだけ多彩な価値観がある『食』の領域の中でも、 ここぞという自分の価値観一点を貫いていく方にとって、 より価値のある存在にならねばと、覚悟を決めた次第です。 あせらず着実に一歩一歩、上がっていきますんで宜しくお願いいたします。 いつも感謝です。それでは、どうもです。 1 2 3 4 新たな発信源を手に入れた気分