手の内をすべて見せる件 代表北川哲平の諸々

 

まな板と手元がちょうど目の高さになるよう調整され、 焼き場もガラス張りで完全スケルトン、 北川はカウンターがあるお店では、 必ずカウンターに座って、仕事をされてる姿を見るのが好きなんですが、 ここまで見せてしまってるお店は初めてかもです。 今西氏が先月オープンされた日本料理一意専心さんに、 初めて行ってきましたが、 料理もさることながら、エンターテイメント級の仕事の見せ方に感動しました。 商品•サービスの提供プロセスの一部を見せることはあっても、 すべて見せるスタイルは、 料理を提供頂くたびに、見てるこちらになぜか達成感すら感じます。 もちろん見せるための準備を徹底しているのも、わかりますし、 食事って食べるだけが楽しみじゃないなって、つくづく思います。 カウンターに座れば、 職人としてのこだわり、 お互いの仕事の価値観を共有できたりしたりで、 料理の代金以上の満足感が生まれてしまうもんです。
オフィスワークが中心の北川ではありますが、 パソコンひとつをずっと見られながら、 仕事をするってかなり抵抗があったものの、 もっとプロセスを見て、共有頂けるものがあるんじゃないか。 お客様の会社の会議参加や、経営計画の策定•見直しの際、 毎月やってる経営塾の公開収録なんかも、 もっと見せながら、会話しながら、エンターテイメント性も兼ね備えたサービスが提供できるんではないか。と学ばせて頂いた次第です。感謝です。 できる異業種の方と語るといつも勉強になります。 それが食事まで付いて、このお値段と考えると素晴らしいコストパフォーマンスのお店です。 いつも感謝です。それでは、どうもです。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 強気