シンプルに命を繋いでくれたことがありがたい件 経営コンサル(究極の逆算®)

 

14万もの方が亡くなった原爆投下から今日で70年。
広島の平和記念公園で平和宣言。
小学生の2人が命を繋いでくれてありがとうと言ってました。
本当にその通りだなと思います。

広島市に生まれた北川は、今年で35歳。

ちょうど自分が経験した期間だけ、
さかのぼるだけ前に起こった事だと考えると、改めて感じるものがあります。

実のおばあちゃんたちから聞く戦争体験談、
地元の墓石に多く刻まれている8月6日の文字。
自分にも何かやるべきことがあるのではと、勝手に使命を帯びていたりしてます。

たまたま今通ってる福島先生の講座で、
「ひとつの問題に対する解決手段を2,525個以上挙げて下さい。」
という次の講義までの課題を頂いております。

どうすれば世界が平和になるのか、
目的を達成するための手段を、本気で考えてみます。

人はみんな価値観が違うから、
意識しないと仲良くなれない。

相手を受け入れ、相手にいかに貢献できるか。

家庭での和、職場での和、地域での和、

特定のコミュニティの中で形成される濃く深い人間関係、
そしてコミュニティ同士での有機的なつながりを増やしていく。

和の心で世界を繋ぐことが、世界平和へのアプローチと考えていたりします。

目的と方向性は決まってるので、
あとは具体的手段。

自分は70歳までにやりたいことは全部やる。
期限、終わりを決めるから行動が明確になる。

あと35年と決めた人生でこなせる優先順位の高いものから順に挑戦する。
そんな人生にできればです。

いつも感謝です。それでは、どうもです。

11220473_840493759379959_5141908537633543379_n

今日はカープの選手・監督みんながこのユニフォームを着る気分。