For someone

麻婆豆腐発祥の店に立ち寄って、 海外旅行のお得情報をいくつかシェアする件

広州から大阪へ帰る航空券が、
日本のGWと、広州も交易会開催期間とあって、
チケット取ろうとした時には、行きたい日に空席がなく、日をずらしてもエコノミーでも往復で20万円くらいしてたんですが、

トランジットで、
四川省の省都、成都(Chengdu、チェンドゥー)を経由することで行きたい日程なのに、
往復5万円台まで下がる航空券を見つけまして、
昨日から帰りの便で成都に寄ってます(^^)

この時期、地域的によっぽど空いているのか、
5つ星ホテルもAgoda(TVCMしてるぶんよりも、かなり安く泊まれるホテル比較サイト)で、
7割以上値引されてたので利用してきました☆彡

綺麗でGOODなホテルでした。

北川はトランジットで移動する際は、
なるべくトランジット先での滞在時間を長く設定して、
なるべく行ったことの無い場所をトランジット先に設定したりします。

そしたら航空券がタダで、むしろ価格が大幅に下がることもありつつ、
1泊2日ですが一都市、時には一国の旅行をすることができます。

トラベルコというサイトで航空券を探すと、
トランジットの時間を何時間にしたいかも含め航空券を手配できます。(着陸後、24時間以内に離陸するならトランジット扱いのようです)

ただトラベルコのサイトは、料金的に一番安いとは限らないので、トラベルコでどの航空券にするか決めて、エクスペディアや、スカイスキャナーというサイトなどと比較して予約してます。(今回みたいに、発着地が一緒でも、この一捻りで何倍も違う時があります)

そんなこんなで、

四川省に来たなら、四川料理。麻婆豆腐☆彡

せっかくなら、
麻婆豆腐発祥の店に行こう!

ということで行ってきました(^^)

山椒が効きまくりの激辛麻婆、
ビールや茹で鶏、付け合わせのキュウリ、白飯とも一緒でないと完食できないくらい辛かったですが、美味しく頂きました(^^)

今日は一日体が熱そうですが、
これぞ本場って感じです。

成都の人口は約1400万人、
重慶、上海、北京に続く中国第四の巨大都市なんですが、
再開発が最近あったのか、街全体がとても綺麗です。

メインの通りに至っては、銀座っぽい感じです☆彡

成都地下鉄は、現在10号線まであるようですが、まだまだ工事中で最終的には18号線まで造る計画のようです。

中国はどの都市に行っても、街のデカさと成長のパワーには圧倒されます(^^ゞ

ちなみに、

本来は、
中国本土ではFacebookなどを投稿することは出来ないんですが、
普通に投稿出来て、通信費のコストダウンになる方法があります。というか、このたびもご一緒した山田社長から教えてもらいました(^^)

既にご存知の方もいるかもですが、
香港SIMを使うと、中国本土でもFacebookもGoogle系アプリも普通に使えます。

4Gなのでスピードもバッチリで、実質2GBですが1週間程度の旅行であれば、大概1枚あれば充分。北川は予備も買っていきますが(^^ゞ
それが日本国内でもアマゾンで1000円ちょっと払えば購入可能です(^^)

Wi-Fi機を国内の空港で借りると、
移動日も含め一日計算で料金を取られ、
ルーター紛失保険など諸々で、今回の場合でも1万円前後かかります。それが1000円ちょい。

ルーターやそれ用の充電器とか持ち歩くの面倒くさいですし、中国本土に行くなら香港SIM。マジでオススメです(^^)

設定もiPhoneなら差し替えるだけで自動設定されてますし、手動の場合でも説明書見ながら1分で終わります☆彡

それとついでに、東南アジアSIMって言うのもありまして、フィリピン、タイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどアジア各国共通して使えてしまう同様のSIMもありまして、
各国への旅行で利用するのももちろん、対象の複数の国をまたいで移動することがあるなら、なおさらメリットが大きいです。

そんな感じで、北川ももっと早く知っていればなと思うことも多々ありますが、とりあえず、

情報って大切だなと思いつつ、
先程無事帰国しまして、これから帰宅の途につきます。

いつも感謝です<(_ _)>

香港SIMと東南アジアSIM

泊まったホテル

昼の成都

高級っぽい家具屋さん

中国の歴史と伝統を感じます(^^)
ちなみに大きいのは数千万円以上してました☆彡