195,000元(約320万円)ほどですが、 中国のベンチャー企業に投資することを決めた件 物流販売

 

杭州から姫路に帰って、今日の午後だけ大阪にいる北川哲平ですが、

中国ではアリババグローバル(対世界企業向けアリババサイト)での事業運営を頂くパートナー企業さんや、ガチャガチャを運営している会社さんにも行ってきました☆彡

みんな経営者が20代と若く中国経済に比例して勢いがあって良いですね。

中でもガチャガチャを運営されてる会社は、
浙江大学(中国でもトップクラスの大学)の同級生4人で立ち上げて、急速に事業拡大をしてる会社で、寄らせて頂いたタイミングでもオフィス自体も拡張中で、ビジネスモデルを聞いても、なかなか素晴らしい感じです。

日本でも中国人が来てガチャガチャをやりまくってるって話は聞いたことあると思います。
姫路でも観光客が多いのもあり、ゲームセンターがガチャガチャ専門店に変わったりしてます。

ただ中国のガチャガチャは一歩も二歩も進んでます。

日本と同じようにコインを入れてグルグルする方式に加え、電子マネーでも購入可能だったり、

前面が液晶パネルで、動的に顧客誘導できたり、景品全体の入れ替えも容易で、
売上や在庫がクラウド管理でデータ連動されてるので、

何がいつ売れたかをスマホでリアルタイムに把握できて、
在庫補充や販売戦略がかなりシステム化されてます。

日本発祥の日本にしか無かったガチャガチャを中国全土でもやってしまおうということですが、
その景品の企画や販売戦略も含め、なるほどなという感じです。

ガチャガチャの中身の企画や製造から販売、運営管理まで自社で一貫して行われていて、
ビジネスモデルもさることながら、役員の方々の姿勢や人柄にふれ、これは面白いなと思わず投資を決めてしまいました☆彡

どうせ寝かせておくだけのお金なら夢のある若者や事業に投資したほうが、ワクワク感があるかなという感じです。

事業の実態は大いに確認済みで、完全に信頼できる筋から頂いた話ですが、こればっかりは事業なので、どうなるかは分かりません(^^ゞ

中国国内に3か所、1か所あたり20台の北川のガチャガチャが、5月か6月あたりに運営稼働します(^^)

大コケするか、その逆かはアプリでリアルタイムに把握出来るので、また追って順次投稿させて頂きます。お楽しみに☆彡