能美島のおばあちゃんの横で泊まる件 代表北川哲平の諸々

 

おばあちゃんの通夜と葬儀に参加するのに能美島(宮島と呉の間にある島)にいます。

生前の思い出を語り、聞く中で、
自分がお母さんのお腹にいる時から、
多大なる愛情を頂いていたエピソードがあったことを知りました。

おばあちゃんちには、
行くたび自家製の梅干しと野菜で荷物いっぱい持たせてくれました。

爆音の後に広島市方面の上空にキノコ雲ができていて、
数時間後には海が死体だらけになっていた話など戦争の体験談をいつも話してくれてました。

これから能美島へは、お墓まいりにしか来れなくなってしまいましたが、生前の数々のご厚意に感謝して、最期のお見送りをしていきたいと思います。

以上です。

1

2

3