弟子が師匠を超える祭典の件 代表北川哲平の諸々

 

どうもです。 東京オリンピックのエンブレムが、 A案の組市松紋になって、良かったなと思っている北川です。 最終候補に挙がった4案それぞれ、 特徴があってステキでしたが、 個人的には、 派手さの無いシンプルさの中に、粋で凛とした日本らしさを感じるA案になったら良いなと感じてました(^O^) 江戸時代に広まった市松模様をベースにされたと言いながらも、 市松模様って、 いわゆるチェック柄ということなんで、 このチェック柄をより和を感じるデザインって凄いなと思います。 一色のシンプルデザインなので、 ビジネス的にもグッズ等に反映しやすいでしょうし、 その点でも良い感じだと思います。 形の異なる四角形は、 国や文化、思想の違いを表されてるみたいですし、 価値観の違う方々がひとつに集まって繋がる。 多様性と調和。 オリンピック・パラリンピックは多様性を認め合い、 つながる世界を目指す場である。 というメッセージがこめられてるようです。 承認、感謝、愛(藍)を思考基準に持つ北川としては、 とても心に響いてます。 日本の伝統色である「藍色」も、とても好きな感じです。 藍染めにちなんだことわざで、 「出藍の誉れ」(しゅつらんのほまれ) 「青は藍より出でて藍より青し」 というのがありまして、 これらを座右の銘にしてたりします。 2つとも、 【弟子が師匠の能力や技量・知識を追い越す、優れている。】 という意味になりまして、 誰かに何かを教えて頂いた師がいれば、 その師を超えてこそ恩返しができると信じてたりします。 オリンピック、パラリンピックでも、 世界中のいろんな師弟が2020年に向けて精進されていることと思います。 エンブレムはあれこれ、 盗用疑惑や何やかんやありましたが、 この一連の流れがあったからこそ、 オリンピック、パラリンピックにより関心を持てて、 母国で開催される祭典に、より当事者意識を持つことができた感じです。 生涯で何度と無い経験になるでしょうし、 ぜひ現地での観戦をしたいのと、 どうせ行くならで世界中の方々との交流も楽しみにしてます。 日本人のひとりとして、おもてなしが出来れば最高です。 いつも感謝です。それでは、どうもです。 13086994_978194752276525_8415824997403355938_o 13094191_978194878943179_248525000215399577_n 2020年に向けて楽しみな気分。