ルール変更に合わせて準備が必要な件 代表北川哲平の諸々

 

ようやく、TPPが大筋合意まで辿り着きましたね。 簡単にTPPとは、 環太平洋戦略的経済連携協定の略で、 ペルー、日本、シンガポール、アメリカ、 ニュージーランド、チリ、ブルネイ、オーストラリア、 ベトナム、マレーシア、メキシコ、カナダ の12カ国が、 おもいっきり自由度を高く、 人や物が行き来できるように新しいルールをつくろうというものです。 企業自体や、労働者、商品、サービスが、 この12カ国間では、行ったり来たりがしやすくなります。 まだ詳細まで詰まっていない項目も多くあるようですが、 大筋合意の内容だけ見るだけでも、 国自体のあり方が変わるレベルのものになっているので、 影響が無い業種が無いと言えるくらいのルール変更です。 (今月発表された協定概要、内閣官房TPP政府対策本部より) https://www.cas.go.jp/…/tpp/pdf/2015/10/151005_tpp_gaiyou.pdf 別にTPPがなくとも、 二国間協定など多く進展中ですし、 ITとか物流などの環境を考えると、この12カ国内に限らず、 どんどん国境って意識しなくてOKになっていってますし、 安価な労働力、 優秀な商品・サービス、 国際標準化していく合理的なルール、 先進的な経営をする企業の数々、 世界に出なくても、 世界から入ってくる。 横並びのビジネスをやっていると、 容赦なく淘汰される時代に入りそうです。 変化の時代に大切にしたいのは、 変化への対応能力。 発想力や着眼点などクリエイティブな能力もさることながら、 一番大事なのは、日々の整理整頓と感じます。 目の前の仕事に追われて、 改善・成長・変化のための時間を疎かにすることのないよう、 無駄な仕事をやってる場合じゃないですし、 経営者が作業をやってる場合じゃありません。 必要な仕事を優先順位の高いものから順番に、 ひとつずつ集中して取り組む。 そのための情報の整理整頓の方法を、 本日のLifespan経営塾の公開収録では、解説させて頂きます。 (毎月第2木曜日にLIVE配信→翌週以降オンデマンド配信) 先月は書類の整理方法について解説しましたが、 今の時代、紙のまま保管しておく意味があるもの自体が少ないです。 パソコンのデスクトップやマイドキュメントに、 データファイルが「常時」存在することは、 セキュリティ上も、組織で情報共有する上でも論外ですが、 一個人の頭の中も整理整頓されていないと、 いろんな情報が入っては積み上がる、 緊急性の高いものだけ慌てて引っ張り出して着手の繰り返し。 報連相ができていない組織は、 各自の頭の中(+デスクトップ・マイドキュメント)が共有できず、 組織として無駄な業務を繰り返してしまいます。 整理、整頓、清掃、清潔、躾。 来た時よりも美しく。 日本人の素晴らしさを見せつける時代にしたいですね。 いつも感謝です。それでは、どうもです。 1 待った無しの気分