レアな経験をさせて頂いた件 代表北川哲平の諸々

 

一日で六都市に滞在してきました。 昨日の全国行脚にご参加、ご声援頂いたみなさま、 本当にありがとうございました<(_ _)> 2016年2月27日、 グランドプリンスホテル新高輪『飛天の間』にて、 世界を変えるメンバーで集まり、そのキックオフを行うイベントが開催されます。 北川はそのイベントの実行委員長をしております。 このイベントは、 遠藤晃先生という方が代表理事を務め、 北川も監事を務める『一般社団法人 チーム№1』が主催されてるんですが、 当日のイベントは内内感のあるものにするつもりはなく、 大大的に一般参加も募集していくものになるんですが、 まずは内内、チーム内での熱を帯びるべく、 昨日、 福岡→広島→大阪→京都→名古屋→東京 の六都市を一日でめぐる全国行脚を断行して参りました。 それにしても、 多くの感動と、バタバタの中、多くのハプニングがあった一日でしたが(*^_^*)、 全国のみなさんのご協力頂き、大成功の一日になりました(^^) さらに来週土曜日には、 遠藤晃先生が師事する福島正伸先生を迎え、 再び内内の、チーム内の士気を高める決起集会を行う予定です。 品川で開催の、その決起集会もすでに120名以上の参加表明を頂いておりまして、 2016年2月27日に向けて、アクセルを踏み込む一日にできればと考えております。 これからその後は、 外に向けても広報活動を開始していく予定です。 社長、 親、 代表などのコミュニティリーダーの方、 要は、自分が見本を示すべき誰かがいる方、 人を動かして自分は楽ができればという方ではなく、 まず自分が見本を示してメンバーを導いていきたい方。 2016年2月27日は、 品川に行く予定にしておいて下さい。 その日その場所でしか経験できないイベント、 参加しななくても死にはしませんが、 参加して頂ければ、生きた人生がより加速することを約束できます。 万人受け断固拒否なので、 押しはしませんが、よかったらどうぞです。 【チームNo.1の特色】 誰かを頂点としたその人物に求心力があるコミュニティではなく、 「自分もNo.1になり、人もNo.1にする」 という理念に求心力があり、 情熱と主体性を持ってメンバー間で相互支援することにより 新たな価値を創造していく自走するコミュニティである。 【チームNo.1の理念】 自分もNo.1になり、人もNo.1にする 自立した人財を輩出する。 【「飛天の間」への道】 ■始まり 2010年、遠藤晃たった1人での船出。 「ここから自分もNo.1になり、人もNo.1にする 人財を5年で1,000人輩出する」と宣言。 そして「達成した暁には、グランドプリンス新高輪の 『飛天の間』で1,000人集める達成イベントをする。」と公言。 しかし「やり方は全く分からなかった。」 案の定、当初集まったメンバーはたった9人。 周りから「無理だ、出来っこない、止めとけ」と言われる中で、 「5年で1,000人」「飛天の間」だと言い続けた。 ■言い続けた理由 遠藤が考えるリーダーシップとは、 「別の未来を感じさせる能力」であり、 そして、リーダーシップの第一原則は 『見本を示す』ことである。 5年で1,000人集まることも、 日本屈指の豪華な会場でのイベントも 当初は全くイメージできなかった。 その達成する方法が分からないから、 あえて宣言して、言い続けて実現させることで、 自分が語る資格を得ようとした。 自分以外の大切な誰かに、 「別の未来に辿り着くために 大きな目標を設定し、たとえ 怖気づきそうになっても 途中挫けずに歩き続けよう!」って 伝えるために、まずは自分がその見本を 示すと決めた。 ■2016年2月27日 「飛天の間」実現 5年で1,000人だと言って走り続けた 1つの高みに到達する。 同じ理念を共有したメンバーが 一堂に会する約束の地であり、 「想いは叶う」の象徴でもある 飛天の間。 チーム№1は、この日を境に国境を越え、 世界を変える影響力を持つコミュニティーとなり、 単なるコミュニティーでは収まらず、 世界へとムーブメントを起すと宣言する。 10425500_811960058899996_3590479481531826413_n