晴れて景勝地バンビエンに到着した件 代表北川哲平の諸々

 

その前の日は大雨でトラブル続出でした(T T) この日は朝一から交換用のチェーンをヴィエンチャン市内を数件回って見つけ、 バイクを預かってもらってる屋外フードコートに戻りノブさんが交換を試みてくれるものの、 チェーンを引っ掛ける太陽☀️みたいな形の部品がチビてることが判明し、 今度はその部品を探しに、 バイクでバイクをけん引しながら国道を数km移動☆彡 やはり数件たらい回しになりつつも見つけ交換してもらう。 もう一度来た道を戻り卓斗さんとノブさんの奥さんと合流し、予定より半日遅れてバンビエンへ出発🏍 . 昨日とは一転、 バンビエンへ向かう道のりは晴れ☀️ ただ想定してたことですが、 晴れたら晴れたで、日差しと砂ぼこり。 中国の一帯一路プロジェクトによる高速鉄道やダム、橋の建設が山奥のそこら中でやってて、むちゃくちゃダンプが通過します(^^ゞ ラオスの景色は、これから急速に変わっていくんでしょう。 何度か休憩を挟みつつ、道半ばにして日が暮れていく。 左右上下に畝りながら山を何度も越えていくものの、 日本と違い街灯はなく真っ暗で、 横が崖であろうがガードレールもなく、 それどころか道路が陥没してる箇所はかなり頻繁にある。 極めつけに暗かろうが牛や犬が道路に出てきますw 牛の親子が道路の真ん中で真正面に平然と立ってた時はマジでビビリましたw 安全第一スローペースでバイクを走らせつつ、 手前にある漁師町で今晩のおかずを買って、 なんやかんやバンビエンへ到着🏍 日本ではバンビエンどころかラオス自体あまり認知度がないと思いますが、世界的には景勝地として名高くアジア最後の桃源郷と言われてる観光地だけあって、 世界中から観光客が来て町が賑わってます。 たぶんバイクで来たのは僕らだけですがw ノブさんの知り合いの店で買ってきた魚を焼いてもらってバンビエンの晩餐。 昨日は気付きませんでしたが、 朝起きたらホテルの前に絶景が広がっています。 2枚目の写真は朝5時くらいの写真ですが、 まるで水墨画の世界です。 もう少しこの景色を楽しみつつ、 今日は少数民族が暮らすエリアに寄りつつ古都ルアンパバーンへ向かいます🏍🏍🏍🏍 ラオスの癒し効果、すごいです。 >