For someone

クリーニング代のお急ぎ料金を取り消してもらった件

ある程度長期で旅をするとホテルにクリーニングを依頼する訳ですが、
ホテルのクリーニングって出して1日くらいかかるので、
ホテル間の移動がある前とかは出すこともできず、

今週入って語学学校から近いホテルへ移動したところ、
清潔な衣服が残り少なかったので、
念のためと思って、通常より1.5倍値段のかかる「エクスプレスサービス(お急ぎ便)」でクリーニングを依頼しました☆彡

そして出した翌日、

学校終わって、バドミントン終わって、打ち上げ終わって、ホテルに帰ったら、
当然のごとく届いてると思いきや。

部屋には連絡くれたら持ってくるからカード(写真3枚目手前)だけ置いてある。

で、連絡したら、

もう時間外だから翌日連絡してとのこと。

なので、翌日連絡して持って来てもらう訳ですが、

STAFF「洗濯物と引き換えにお金払って」って言ってきます。

ME「このホテルもう何回も利用してるのに、そんなこと言われるの初めてなんですが?」

STAFF「あなた、デポジットが現金でしょ?だから、コレも現金と引き換えなの」

ME「えっ? デポジットはクレジットカードを切ってますけど?」

STAFF「そうなんですか?確認しますね」

(部屋の電話でなにやら会話)

STAFF「やっぱり、あなたは現金でデポジットしてるみたい」

ME「そんな訳ない。私がフロントに確認します」

(部屋の電話でフロントに確認したら、やっぱりクレジットカードでデポジットしてるとのこと)

ME「やはり、クレジットカードでデポジットしてるので、チェックアウトの際、合わせて払います。」

STAFF「OK」

(クリーニングスタッフは洗濯物を置いて、笑顔で部屋の外へ)

みたいなやり取りが今日あったんですが、

お急ぎ料金取っておいて、結果届くまで二日経っているので、
これはお急ぎ料金分は取り消してもらおうと。

フロントデスクに行って、状況説明して、
お急ぎ料金部分は無事取り消してもらいました(^^)

コレ、北川的には説明するの結構大変でしたw

頼んだサービスを受けて、物も帰ってきてるけど、
お急ぎ部分がお急ぎでは無かったので。
翌日連絡カードは置いてあったけど、
デポジットがクレジットだったら、連絡カードではなく、最初から不在でも洗濯物を翌日に持ってこれたよね?
なのでそこの部分の料金は払う必要が無いよね?

って英語でしゃべれるようになりましたw

相当たどたどしいですがw

まあミスは誰にでもありますし、あと数時間遅れたら汚れ物から着るもの見繕うことになりましたが、まあ間に合いましたし問題無し。
このホテルはお気に入りなので今後も使いますけどね(^^)
立地も施設もサービスも、それに対する料金も申し分ないホテルです(^^)

言うても、語学留学中に良い経験させてもらえました(^^)

この投稿もその気になれば、
全文英語で投稿できますが、今はやめときます ^^)_旦~

ただ、5年前から構想はしていた、Youtubeを活用した英語でのコンテンツ配信。
ようやく着手する時が来そうです。

語学力の成長を見てもらいながらの配信になりますが、
起業に興味を持ったある貧困地域の若者に向けて公開で語ります。
パソコン一台あれば仕事が取れて、事業が興せて、
努力ができる人にとっては、自分や家族の生活費を稼ぐくらい余裕で、
軍資金ができたら、また違う遣りたいことをやってみたり、
自分を満たしたら、自分以外の誰かのために稼ぐとしたらこうだよ。

学校も楽しいし、英語頑張れそうです。

いつもありがとうございます。

そしてお急ぎ便にしてなくても、翌朝出した分はその晩には届いてました(^^)
これがいつもの感じなんですが、お急ぎ便にしたのが逆にややこしかったかな(^^ゞ