ビエンチャン中心部を散策する件 代表北川哲平の諸々

 

時間がゆっくり流れてます ^^)_旦〜

高い建物はなく、渋滞もほぼ無し。
街中で座っておしゃべりしてたり、あちこちでスポーツをやってます(^^)

それと、そこら中でラオスの国旗と合わせて、
ソビエト連邦っぽい旗が掲げられます。

タクシーの運転手さんに、なんでソビエト連邦の旗を掲げてるのか聞きましたが、
ソビエトじゃなく社会主義の旗だよって教えてもらいましたw
(一部の写真に写ってますが、ソビエト連邦の国旗の左上にある鎌と槌がクロスしてるアレが中央に大きく描かれてます。そう言えばラオスは社会主義国でした☆彡)

とは言え、空港から乗ったタクシーの運転手さんと、ホテルの受付の方しか英語をしゃべれる人もいなくて、まったく言葉が通じません。
(How muchすら通じません(^^ゞ)

ジェスチャーだけでやり取りしてましたが、
なんか気持ちが乗らないので、開き直って日本語とジェスチャーでコミュニケーションしてますw

ちなみに、
ビエンチャンの玄関口のワッタイ国際空港は、
日本初の海外空港民営化事業として日本の企業連合が運営されているみたいで、近代的でとてもキレイな建物になってます。

なぜか着陸から出入国審査までは、タイのSIMカードで電話が使えたんですが、入国ゲートを通過したところで使えなくなりました。それすごいね。
ラオス国内もすでに携帯は4Gが基本のようで、5Gの広告も出てました。
経済がこれから発展していくタイミングで5Gが導入されてる国って、なんか凄いかもしれませんね。

そうそう、入国時なんですが、日本のパスポート見せたら入国ビザがいるって言われて、

事前に調べた情報と違うじゃないか!と思いながらもビザ申請書類を書いて、証明写真がいるのに撮る場所もなく焦りつつ持っていったら、

15日以内ならいらないって言われてマジかって感じでしたが、良い経験になりました。

日本人ってビザ無しで入国できる国が多いのでビザの申請書類なんか書いたことありませんでした。

ビザ無しで入国するって本来は当たり前じゃないですもんね。

ラオスに至っては外国人の9割がたはビザ申請手続きをされてましたが、日本人の北川はそれが必要ない。

日本人がこれまで築いてきた友好関係や国際的な貢献の賜物ですよね。先人、諸先輩方に感謝しなければいけません。

.

.
それにしてもラオスは平和です🇱🇦

言葉は通じないけど、みんな理解してくれようとしてくれます。

昨日は一日ひとりでぶらついてましたが、
今日からアテンドの方もご同行頂ける予定になってます。

また追って投稿させて頂きます。

長文ご覧頂き感謝です。
いつもありがとうございます<(_ _)>

ຂອບໃຈຫຼາຍໆ ☆彡
(ラオス語のありがとう「コプチャイ-ライライ」)