1.報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を徹底すること
 独断的判断をしない。業務やその状況について自分にしか分からないものはつくらない。
 (業務遂行上、すべての基本となり、最低必要条件になります。)

2.自分に「できること」と「できないこと」のラインを把握すること
 自分の知識、経験、能力を把握し、できないことをできると言わない。
 (できることを日々増やしていくことでお客様や会社からの期待に応えて下さい。)

3.指示や指摘をされる際はメモをとること
 メモした情報の整理は随時行う。2度同じミスを繰り返さない。

4.仕事は、「スピードよりも正確性」「優先順位」を意識すること
 当然スピードは速いほうが良いが、正確性のないスピードは意味を持たない。
 仕事は指示を待つだけでなく今できるものを見つけ、優先順位を判断し実行する。

5.お客様には、明るさと謙虚な気持ちで、毅然とした対応を心がけること
 大切なお客様に安心感と安定感を持って頂けるように
 あいさつ、サービス、諸対応、お客様とのすべての接点において価値を提供する。

6.時間を大切にすること
 他人の時間→遅刻をしない。報連相は簡潔に、タイミングを考える。
 自分の時間→大小問わず目標を持ち、達成するために無理のない計画を立て、努力する。

7.分からない事はとことん突き詰めること
 自分の成長のスピードを加速させます

8.気になる事は指摘により改善し、提案により創造していくこと
 人生をダメにする言葉[愚痴、不満、悪口]は言わない

9.自分に「自信」と「余裕」を持つこと
 自信を持つ→自信が持てるだけの知識、経験、生活
 余裕を持つ→時間的、金銭的、精神的

10.先祖、両親、家族に感謝し、人との関わりの中で自分が生かされていることを意識すること
 すべて周りから生かされていることに感謝し、謙虚な気持ちを持つ
 時系列、血のつながりだけでなく、同時限を生きる方々とのつながり、関わりも意識する
 つながりをなるべく広い視野で捉え、先祖、子孫、ご縁ある方々に誇れる人生を送る